平和総合保険センター|広島県広島市の損害保険・生命保険代理店 火災保険、自動車保険や生命保険、お住まいの新築・リフォーム・ローン組替えの際の保険見直しなどお気軽にご相談下さい。

マンション管理組合さまのマンション保険

マンション保険

マンションの共用部分 の 火災保険(マンション保険) はそれぞれの 管理組合様 でご加入される必要がございます。

引受保険会社

 マンション管理会社さん が保険代理店の業務も行っている場合(多くの場合は兼業されています)、提案された 火災保険・賠償保険 をそのまま継続といった流れが見受けられます。 マンション管理会社さん が マンション共有部分の火災・賠償保険に特化した商品を持っている保険会社 の代理店ならよいのですが、そうではないケースが多々ございます。 やはり、マンション管理組合様に向けて特化した保険を持つ日新火災は魅力的です。  特に、築年数は20、30年を超えるが管理状況は良いマンション や 建築されてからまだ数年しかたっていないマンション は 日新火災 の マンションドクター なら 現在と同じ補償内容で大幅に保険料を節約できます。

免責や引受制限

また、継続の際に 「免責(自己負担)をつけないと契約できない(中には免責20万が必須というケースもあります)」 「賠償特約に関しては免責20万でないと契約できない」 「賠償特約に関しては引受けできない」 と言われてしまうケースもあります。特に高経年マンションのご継続の際は多いようです。  共用管からの水漏れで専有個室を汚してしまった、などの 管理組合さん の賠償責任を補償する 建物管理賠償責任特約(施設管理賠償責任 や 専有個室からの水漏れなど、住民の方の個人賠償責任を包括して補償できる 個人賠償責任総合補償特約(包括契約用) こういった賠償責任に関する部分をお引受けしない  こういった保険しか選べないとなると問題です。

マンションドクター

 マンションドクター なら管理組合様がお困りの マンション保険 の様々な問題にご相談にのることができます。  マンション管理士連合会より選定された マンション管理士 が無料でマンションの診断も行ってくれます。ご契約とならなくても診断の費用はかかりません。  管理会社さんによっては マンション管理士 と 管理組合様 の接触を嫌うところもございますが、管理組合様にとって診断のデメリットは費用も含め一切なく、管理に何らかの問題点があるとすれば気づくきっかけにもなります。  大切な資産ですので より良い補償を適正な保険料で補償する。  マンション保険の特性上どうしても高額な保険料をすすめられるままとなりがちですが、高額だからこそ複数の代理店よりお見積りを取られることが重要です。   火災保険満期の際は、ぜひ マンションドクター も候補の一つにご検討ください。   お見積りのご依頼は 当ホームページ(リンク先ページを下へスクロールでご依頼欄) よりご依頼ください!   #築20年以上のマンション管理組合様はこちらの記事もご参考になさってください。 #広島のマンション保険の選び方 の記事です!
マンションドクター
    広島・岡山・山口・島根・鳥取 中国地方のマンション火災保険は 株式会社 平和総合(平和総合保険センター)   TEL:082-246-7600 FAX:082-245-3059 e-mail : heiwa3@peach.ocn.ne.jp
PAGE TOP